Skip to content →

雑記 2020年11月 #2

今月からゲーム開発の作業を一旦止めて,別の作業を行っています.もう少しきりの良いところまで進めたかったのですが,たまには収益の見込める作業をしないと干上がってしまいますからね.(収益,見込めるかなぁ……)

開発中のゲームはシステム的なものはおおよそ実装済みなものの,ゲームシステムに対してレベルデザインの比重が大きいため,どうにも作業量が読みづらい状況です.苦手なサウンド関連(BGMとSE)が未着手なので,まだ折り返し地点にも到達していないと言えるでしょう.世に出せるのはもう少し先になりそうです.

* * *

反撃BLOCKS,リリースの際に入れたかったけど入らなかったものがいくつかあります.その中でも最も心残りなのは,Steam版のマウス操作の対応です.

元々このゲームはコントローラ操作を前提に調整していて,その後にSteam版配信を決めてから色々な機能や設定を盛っています.その際に干渉してしまったのが,画面回転機能とマウス操作の対応でした.ディスプレイの設定を横方向にしたままゲーム内の設定で縦画面にすると,マウスのX軸とY軸が入れ替わってしまうため,メニュー操作に支障が出てしまうのです.真面目に対応するのならマウスポインタの位置をOSと同期させず独自に管理する必要があるし,その作業はリリース前に行えるほど軽くはないという事で,結局実装見送りとなってしまいました.

マウス操作に対応すると,マウスとして認識するパドルコントローラも使用可能になります.その手の製品が手元にないため操作感は想像するしかありませんが,それはもう快適に違いないでしょう.そう考えると,やはり今からでもマウス対応を行うべきなのでは?という焦燥感に駆られてしまいます.

あと,微妙に心残りなのは,iOS/macOSでの描画処理があまり最適化されていない事.描画処理は当初OpenGLで組まれていて,これがサポート終了となったためMetalに乗り換えた経緯がありました.しかし,その当時はMetalの仕様について把握しきれておらず,細かい最適化処理を後回しにしていました.ゲームの解像度が320×480(初代〜3GSまでのiPhoneの解像度)と今となっては低解像度なため,細かい最適化なしでも軽快に動作してくれているのですが,これもタイミングを見計って修正したいところです.

* * *

そういえば,今週は遂に次世代コンソールハードが発売されますね.

私は一応ゲーム開発を生業としている(いた)人間なので,発売されるハードは極力買って自分の目で確かめるようにしているのですが,Xboxは大きい方が予約できたもののPS5は抽選に外れて予約できませんでした.仮に両方予約できたとしても,それはそれで出費が凄いことになりそうなので,大人しく現実を受け入れる事にします.

とりあえず,本体が届いたらXbox Game Passにでも入って気になるタイトルをつまみ食いしていこうかと思います.

……と,それよりも先に,先週書いた真・女神転生IIIをせめてクリアするくらいまでは進めたいところ.初回プレイなのに難易度ハードを選んでしまったうえに,攻略情報に頼らずメモを取りながら進めている事もあり,なかなか終わりが見えません.

Published in 雑記

Comments are closed.