Skip to content →

Windows対応

新型のMacBook Proが欲しいです.メモリとグラフィックをちょっと良くして約35万,失業中にはきついなーとか思っていたところ,区と社会保険庁から諸々の請求が来てほぼ同じ額を持っていかれました.仕方がないので7年前のMac miniにはもう暫く頑張ってもらいます.

* * *

新型のMacBook Proは買えませんでしたが,代わりに安い中古PCを調達しました.実に10年ぶりくらいのWindowsPCです.

一応ゲーミングモデルという事で,Core i7-4770にGTX 1650が乗っています.……と,書いておきながら,最近のPCパーツにはさっぱり疎いためどの程度のスペックなのか良く分かっていないのですが,とりあえず中程度らしいです.GTX 1650がおおよそGTX 970に近いとの事だったので,推奨スペックが近いであろうFallout4(Core i7-4790,GTX 970)を試しに動かしてみたところ,高品質設定でも特にもたつかずPS4より快適に動作しています.もっとも,普段PS4でプレイしているFallout76が重すぎて,こっちが軽く感じているだけかもしれませんが.

開発中のゲームを快適に動かすには製品版よりも遥かに高いスペックが要求されるものですが,まあFallout4が動くなら私の需要は問題なく満たせるでしょう.

* * *

そんな訳で,早速自作のライブラリをWindowsに対応させてみました.

写真はライブラリ実装用のテストプログラムをそれぞれ動作させている状態.左がWindows,その下がiPad,右がmacOSです.写真は控えますが,開発中のゲームもそれぞれで動作しています.

Windows対応は1週間くらいでできたものの,それを行うにあたって済ませておきたかった改修には10日くらいかかりました.改修は必須ではありませんでしたが,Windowsに対応したあとでは手間が増えてしまう気がしたので,作り直したかった部分をごっそり作り直しています.今回の改修で他の環境へも対応しやすくしてあるため,次回以降はもっと早く対応可能……だといいなあ.

Windows版の構成としては,グラフィックにDirect3D11,コントローラの入力にDirectInputとXInput,サウンドにXAudio2を利用しています.本当はサウンドにWASAPIを使う予定だったのですが,諸々の事情でXAudio2になっています.音を鳴らす事自体は可能なので,もしかしたらオプションで排他モードのみ対応するかもしれません.

苦労の甲斐あってそれなりに使えるライブラリへと成長していますが,忘れてはいけないのはこの苦労はお金で解決できるという事.今の時代,ライブラリは自作するよりも市販のゲームエンジンに頼る方がよっぽど楽で安全です.自作するメリットも皆無ではありませんが,そのせいで肝心のゲーム本編の開発がいつまで経っても終わらないのでは本末転倒.そろそろゲームのほうの作業に戻らねば.

* * *

肝心のゲームのほうの開発状況ですが,2つほど進行中です.今年はもう間に合いませんが,来年の早い段階には何かしらの情報を公開できるかと思います.失業を期に作業時間は増えていますが,タイムリミットは逆に短くなっていますからね.

Published in 活動記録 雑記

Comments are closed.