Skip to content →

AppleTV対応の壁

Microsoftが「Surface Dial」なるデバイスを日本でも販売開始するそうです.創造的プロセスを支える云々だそうですが,ゲーム脳な私はむしろパドルコントローラにしか見えません.ゲームに流用できたら面白そうなので,汎用的なデバイスとして使用できないのか,後々調査してみるとします.

……そういえば,去年買ったゴークスの基板,いい加減プレイ環境を整備せねば.コンパネ自作しなきゃなんですよね.

* * *

さて,ここ最近は細々とした不具合修正がメインだったので,テストプレイに使用していたAppleTVのお話を.

2015年末に発売されたモデルからアプリ開発が可能になり,ゲームコントローラにも対応しているためゲーム機として利用できるようになったAppleTV.ゲームが作れるという理由だけで半ば条件反射的に発売日に買ってしまいましたが,残念ながら有効活用できていませんでした.そもそも私の住居は狭いうえにテレビも無く,動画コンテンツもあまり視聴しない人間だからというのもありますが,何よりもアプリの数が極端に少ないというのが最大の理由でしょう.

ゲームアプリが少ない理由は一概には言えませんが,作り手側から見た場合,AppleTV独特の制約がちょっと厄介で,正直なところちょっと作り難い環境です.これでも発売当初よりは緩和されているのですが,それでも他には無い厄介な部分は残っています.

という訳で,現在直面している壁は主に2つ.

* * *

壁その1.

AppleTVは規約上,ローカルストレージにユーザーデータを置くことができません.つまり,セーブデータなどを本体に保存することができません.一応保存する事自体は可能なのですが,OSが自動的に削除してしまいます.

ではどうするのかというと,ファイルの保存はiCloudを利用してサーバ上に保存しなければなりません.要するにクラウド対応必須なのです.一応ローカル上にも500KBまで保存可能な領域がありますが,これは主にアプリの設定保存用で,ユーザーデータを保存する目的での使用は少々イレギュラーな対応になります.

iCloudに限らず,ネットワーク越しの処理というものは,得てして厄介なものです.単純にデータを読み書きするだけならまだしも,エラー対応を含めて考えると結構大変です.それに見合うメリットがあるのも事実なのですが,ちゃんとメリットが引き出せるのかはアプリ側の責任のお話です.(例:ユーザー数が少ないため全然機能していない「反撃BLOCKS」のLeaderboard等)

対応させてしまえば解決する問題ではありますが,決して軽く見積れるような内容ではないのですよね.

* * *

壁その2.

AppleTVの操作デバイスは,付属のリモコン(Siri Remote)の他にMFiコントローラに対応しています.iOS用ゲームコントローラとして売られているあれですね.発表当初はリモコン対応必須でコントローラ操作専用のアプリは不可でしたが,現在はリモコン対応は推奨項目となり,コンソールハードと同様の操作のゲームが作れるようになりました.

……遅延さえなければ.

AppleTVのコントローラ操作での入力遅延は結構大きめです.ゲームにおける遅延の感じ方には個人差があり,ゲームの内容によっても許せるものと致命的なものとに分かれます.そして,困ったことにコントローラ操作の「反撃BLOCKS」は,遅延がなかなか痛いゲームに分類されます.何しろ,角度調整のための位置合わせを頻繁に行わなければならないのですから.地形のある横スクロールSTGなどでも同じですが,遅延のある環境で位置合わせをしようとすると,ボタンを離してから実際に自機が停止するまでのラグ(いわゆる自機が「滑る」現象)が結構痛いのです.

遅延に関しては,実際のところプロの開発現場でも無頓着なことが多く,描画性能の向上のためなら2〜3フレームくらいは必要経費と捉える事が大半です.それよりも,シビアなタイミングを要求する事自体を避ける傾向にあります.つまるところ,「位置合わせ」などという若い世代は知らなそうな言葉を要求するゲームデザイン自体が時代遅れなのでしょう.分かってはいるのですよ.オリジナル版を作っていた頃から既に.分かっているから仕事ではやらず,個人開発としてやっているのです.

これの解決手段は,リモコン側での操作方法をオリジナル版に近い挙動で実装しようかと考えています.先日も書きましたが,オリジナル版は「タッチした場所に移動する」という挙動であるため,押していた時間には依存しなくなります.この挙動なら例え遅延があっても自機が「滑る」現象は発生しません.せっかくコントローラに対応しているのに扱いやすくないというのは少々残念な気がしますが,ある程度は仕方がないと割り切るしかなさそうです.

* * *

現在直面している問題を書いたためか,何だか悪い面ばかり書いてしまった気がしますが,実際のところAppleTVは面白いハードだと思っています.面白いからこそ,このまま活用する事なく埃を積もらせておくには勿体無いという気持ちがあり,わざわざテストプレイをAppleTVで行ってあれこれ悩んでいるのですよ.

Published in 反撃BLOCKS 活動記録

Comments are closed.