Skip to content →

自機移動まわり色々

日々の不摂生は今に始まった話ではありませんが,最近横っ腹の肉付きが良くなってきていたので体重を測ってみたところ,半年前の健康診断のときよりも5kg増えていました.これはいかんと思い某流行りの筋トレマシンを購入したところ,ただでさえ狭い部屋がより一層窮屈に.

作業専用の部屋が欲しいです.ワンルームだと布団と共存しているせいか,機材に積もるホコリの量が尋常じゃないし.

* * *

さて,今週の主な作業は主にメニューのUIまわりの実装.ついでに,操作方法が変わったことによるプレイしにくさを改善すべく,自機の移動速度の変更を入れてみました.

UIのデザインについてはもう少し練るとして…….

コントローラでの操作は,通常移動の他に2ボタンによる高速・低速移動の3通りの速度変更が可能になっています.この操作方法は初代ゲームボーイのロンチタイトルだったアレイウェイとほぼ同等です.その移動速度を,STGの自機選択みたいにゲーム開始前に選択できるようにという目論みです.

プリセットは低速なSLOW TYPEと高速なFAST TYPE,その中間のNORMAL TYPEの3種類.その他に,それぞれの速度を15段階に任意設定可能なCUSTOMも設けてあります.慣れてくるとCUSTOM一択になりそうですが,自分のプレイしやすい組み合わせを考えるのも攻略の一環と考えれば悪くはない存在かと.

なお,まだ実装していませんが,AppleTVでのリモコン操作はオリジナル版のタッチ操作と同じ動作にする予定です.そのため,リモコン操作時には速度選択はありません.……という事を実装しようとすると,ゲーム中の操作デバイスの変更はできないように制限する必要が出てくるのですがね.

* * *

「反撃BLOCKS」のコンセプトのひとつには「片手かつ指一本の単純な操作のみで本格的な攻略を可能にする」というものがあり,操作が自機の左右移動のみとなっているのはこのコンセプトに準じた結果です.本当は上下移動も行いたかったし,STGのボムのような補助的な動作も入れたい気持ちはあったのですが,それらの誘惑を断ち切ってバランス調整を行なっていました.

……なので,ベタ移植でかつ操作が難しくなれば,そりゃあバランスも崩壊しますよね.

ちなみに,作り直し版の移動速度を最大まで設定した状態がオリジナル版と同じ移動速度です.タッチ操作であるオリジナル版の自機移動は,実はスワイプで移動ではなく,指を置いた場所に自機が高速で移動するというもの.これは自機の移動速度もゲーム性の一部だからという理由が発端でしたが,実際に動かしてみたところスワイプよりも細かい制御がしやすかったので採用した経緯があります.

つまり,コントローラ操作の最高速度の状態で正確に制御できて,初めてオリジナル版と同等になる……と考えると,やはり大幅な変更は不可避かもしれません.

* * *

何だかんだで5月の最後の週になってしまいました.(改めてカレンダーを確認したところ,5月最後の週は来週でした)今月中にはこの作り直し版をどうするかを判断する予定だったのですが,現状は色々と中途半端で区切りの悪い状態です.ライブラリの実験という当初の目的については,それなりの結果が得られているのですがね.

Published in 反撃BLOCKS 活動記録

Comments are closed.